<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | -
練習のその向こう。
音楽ってなんで、真面目にすればするほど私を楽しませてくれないの?
なんて思ったことありませんか?

真面目に向き合えば向き合うほど頭でっかちになって、
身動きがとれなくなる…。
でもそんな感覚が生きてるぅって感じでくせになる、ちょっとMっけのある人でないとなかなか更に奥へは進めないななんて思います(笑)。
そういえば上原ひろみさんの練習方法なんて本当に変態レベルですよ。

でも、そのくらい練習に練習を重ねて得た余裕の向こうに、
演奏の安定感・遊び感覚が共存してるようです。

私はまだまだ甘いんで、これらが常に共存ってわけにはいきません。
でも頑張りますよっ

そういえば、先日ゴスペルキーボーディストのジュエルブライアントさんの演奏を見たとき、
弾いてる姿がなんとも楽しげで憧れを持ちました。
彼は、あまりにも楽しくて興奮しすぎて、弾きながらクワイアにシャウトしてらっしゃいました(笑

私もそのくらい半端な〜い体中からあふれるような遊び感覚を得るのが目標です。

↑ブリっこしてるんではありません(笑
カメラマンのNOGさんが、21日のリハーサル中にエンジョイして弾いてる姿をとらえて下さいました。
オルガンを勢いよく弾いた後と思われます。
意外とエンジョイして弾いてるのねと自分でもびっくり。

| おちりえ | お勉強 | comments(7) | trackbacks(0) | -
思った以上に手は広がります!
最初は、音楽活動の宣伝用にこのブログを軽〜い気持ちで始めたのですが、いつの間か、多くのピアノの生徒さんにも見て頂くようになり・・・お恥ずかしい・・・ありがとうございます 

今日は生徒さんに見られることを意識した内容で、気張って書きます(笑)

わたくし、ハモンドオルガンを始めるまでは、手は1オクターブまでしか開かないと思っておりました。
一応、それ以上も開くんですが、演奏としては使えないと思い込んでおりました。

しかし、ハモンドでオルガンを始めたら、気合いで9度(1オクターブ+1音)の幅で和音を弾くプレイが結構ありまして。。。。最初は、手が小さいが故に結構はずしてましたが、気合いを重ねるうちに、9度をがしっとつかめるようになってきたではありませんか。

以前、アメリカのゴスペルピアノ教則DVDなどを見た時、プレイヤーが片手だけでバンバン9度や10度開ける演奏をしており、そんなに開かん!全く参考にならん!と思い込んでおりましたが・・・
今までの私はどうやら気合いに欠けていたようです。

そして9度びらきが安定して弾けるようになってからは、もうそこまでで十分だと安住していたのですが・・・

先日、日本のハモンドオルガン界の神様的存在の河合代介さんにお会いしレクチャーを受ける機会があり、気合いに次に足りないものを知りました。

工夫です。

なんと、工夫ひとつで10度も開いて演奏できることを教えて頂きました。

私が高校時代好きだったLUNA SEAのベーシストのJさんが「限界って決めたらそこが限界なんだよね・・・」というロックな言葉(?)を思い出しました。。。

限界決めつけておりました。気合いと工夫があれば、肉体的な壁も少しは乗り越えられることを、ハモンドオルガンに教えてもらえました

以上、お気張りな内容でした(笑)

| おちりえ | お勉強 | comments(0) | trackbacks(0) | -
たこ焼き好きを名乗るからには
 たこ焼きがむちゃくちゃ好きです。
たこ焼き好きを名乗るからには大阪に住まねばです。

大丈夫。大阪に住んでいます。
作り方もばっちりです。

しかーし!
お恥ずかしながら、ゴスペル好きを名乗っているのに、
まだ・・・・・・(以下省略)

最近、聖地NYへの想いが募りすぎて、夢で留学しちゃってます。。。

でも、時じゃないのは自分でも分かります。

大阪に行けなくても、たこ焼きを知るすべはまだまだある。。。
幸いにもたこ焼き器もある。
ネイティヴたこ焼き職人と接する機会も少ないけどある。
今ある環境で最大に頑張れよと思う日々です。

| おちりえ | お勉強 | comments(4) | trackbacks(0) | -
KAZ KATOさん〜Donnie McClurkinツアー!
GWはゴスペル修行にささげましたぴかぴか(新しい)

神戸でKAZ KATO氏ご夫妻のゴスペルワークショップやピアノワークショップを3日間受け、コンサートに参加し、そのままVoice of Graceのお仲間と東京へDonnie McClurkin with Workshop Choirのコンサートへ車(RV)

はい、絵文字が車(RV)になってます。行きも帰りも車で長距離運転を頑張ってくれた皆様に感謝なのです(T_T)ぴかぴか(新しい)


私はクリスチャンではないんだけれども…やはりゴスペルは音楽以上に鳴り響く人間の轟きがあり感動して泣きまくりでしたぴかぴか(新しい)
形がたまたまキリスト教なだけで、非常に人間らしい音楽で…それを改めて体感しました。

単純に喜びや希望を歌ってるのではなく、その背後に人間の苦しみ悲しみも感じられて……

特にDonnieのコンサートの方では、クワイア500人という規模でしたから、そのうねり・轟きは凄まじかったですexclamation

最初、東京まで行くなんてようやるな私…なんて思ってましたが、行って大正解でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

KAZさんのピアノによる賛美、Donnie率いるゴスペルの轟きを浴びて、ますます気をひきしめて邪念は捨ててゴスペルを演奏してかねばと思いましたクローバー

| おちりえ | お勉強 | comments(0) | trackbacks(0) | -
PROFILE
Concert Information
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
                       
MOBILE
           
qrcode
           
RECOMMEND
LINK
SPONSORED LINKS
OTHERS